現在「メタボ」という言葉が世の中に浸透していてメタボ体型なんて言葉をよく聞きます。

ですが、メタボってという言葉をただ単に、太っているからメタボなんて言う人が多くいます。

確かに、太っていることはメタボの可能性が非常に高いのですが、しっかりとした定義があります。

メタボとは

メタボとは、メタボリックシンドローム(代謝症候群)の略です。

内臓脂肪型肥満」に高血糖、高血圧、脂質異常症の2つ以上が合わさった状態のことを言うのです。

このような様々な生活習慣病が合わさったことによって、メタボと診断されます。

単体で考えるのではなく一つにまとめられてメタボという言い方をするのです。

メタボになっている人の特徴として多いのが、お腹周りの内臓脂肪が蓄積していることです。

糖尿病や高脂血症や高血圧症といった生活習慣病になっていることが多く、動脈硬化が現在進行形で進行しているのです。

そのことで、脳卒中や心疾患など引き起こしてしまい、最悪の場合命の危険だってあるのです。

メタボの基準は?

ちゃんとした診断をせずに、俺は大丈夫と思っている方が多くいらっしゃいます。

そのように気にしていないと、動脈硬化が進行して他の病気を引き起こして突然死や寝たきりになってしまう可能性だってあるのです。

もし少しでもヤバいかなっと思ったら、すぐに生活習慣などを改善していくことが大事なのです。

そこで、メタボの診断基準がありますので、一度確かめてみるといいでしょう。

まず、おへその高さの腹囲が男性で85cm以上女性で90cm以上を基準にします。

今から紹介する項目に2つ以上当てはまったら、メタボリック症候群と診断されます。

  1. 中性脂肪150mg/dl以上、HDLコレステロール40mg/dl未満のいずれかまたは両方
  2. 血圧が上で130mmHg以上、下で85mmHg以上のいずれかまたは両方
  3. 空腹時血糖が110mg/dl以上

この数値だけを見てもわからないと思います。

もし会社で健康診断を定期的に行っている所でしたら、一度診断書を照らし合わせてみるといいですね。

もし健康診断を行っていないのでしたら、一度病院にいって健康診断を受けてみてください。

健康診断を受けたときに、明らかにメタボの場合はお医者さんにメタボと診断されるでしょう。

ですがメタボじゃない方も、この数値に照らし合わせて、メタボ予備軍ではないか確認してみてください。

メタボはどのように予防するの?改善方法は?

メタボになってしまう原因として考えられるのが、私生活の乱れによって徐々にメタボになっていきます。

  • 偏った食生活
  • ストレス
  • 運動不足
  • 飲酒、喫煙

このような私生活が乱れていることにより、内臓脂肪が溜まっていき様々な病気を引き起こします。

メタボを予防・改善に青汁を飲もう!

メタボを予防・改善するためには、バランス良く栄養のある食事をしたり、適度な運動、飲酒・喫煙を控えることが大事です。

食生活や運動で、内臓脂肪は皮下脂肪より燃焼させやすいのである程度減らすことができるのですが、ここに青汁を取り入れることによって、より効果的にメタボの予防・改善をすることができます。

青汁には沢山のメタボに効く効果や理由があり、もちろん私生活を変えていくことが前提ではありますが、青汁を飲んでいるだけでもメタボにはとても効果的なのです。

青汁がメタボに効果的な理由として…

  • カロリー、脂質、糖質が少ない
  • カリウムが豊富に含まれていて血圧を下げる
  • ポリフェノールで動脈硬化を防ぐ
  • 血液中の糖やコレステロールを排出する食物繊維が豊富
  • 抗酸化作用のあるビタミンCが豊富

青汁にはこのようなメタボに効果的な栄養成分が豊富に含まれています。

青汁商品によって、入っている栄養成分などが変わってきて、例えば明日葉が入っている青汁は、明日葉はカルコンが豊富に含まれていて、肥満や高脂血症の改善して動脈硬化の予防をしてくれたりします。

それぞれの青汁に沢山の利点があり、どの青汁にしたらいいか迷ってしまいますよね。

メタボに効果的なおすすめの青汁

メタボにとても効果的な働きをしてくれるのが、きょうの青汁です。

きょうの青汁には「葛の花由来イソフラボン」というメタボにとても効果的な成分が配合されています。

これは機能性表示食品として、消費者庁に認可されたとても良い成分なのです。

葛の花由来イソフラボンの効果:内臓脂肪の減少・皮下脂肪の減少

葛の花由来イソフラボンは、まず体内に入った食事が脂肪になることを事前に抑制してくれます。

そして、体脂肪として蓄えられている脂肪の分解を促してくれるます。

その分解して蓄積された脂肪を、燃焼して体内から放出してくれる働きがあります。

メタボの原因となっている内臓脂肪や皮下脂肪を減少させてくれますので、とても効果的といえますよね。

他にも、桑の葉も入っていて、桑の葉のデオキシノジリマイシン(DNJ)という成分が、糖質の吸収を抑制してくれますので、これもメタボ予防・改善にはとても嬉しい効果です。

きょうの青汁は、抹茶風味の味でとても飲みやすい青汁ですので、メタボで悩んでいる方は是非一度試してみてください。

効果的な飲み方

きょうの青汁の効果的な飲み方は、食前15分前~食中に飲むことです。

きょうの青汁を食後に飲んでも効果がないわけではありませんが、食後だと食べたものが先に体内に吸収されてしまって、脂肪になることを抑制する効果が薄れてしまいます。

事前にきょうの青汁を飲むことで、脂肪になる食事がくるのを待機しておくことで、より効果的にきょうの青汁の効果を得られます。

もし、きょうの青汁を食前に飲み忘れたとしても、食後に飲むことで効果がないわけではないので、忘れないようにしましょう!