栄養価が高くてビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に入っていて、不足している野菜を補える健康に良い飲み物が青汁です。

そんな青汁ですが「栄養価が高いからカロリーがありそう…」と感じている方が意外と多くいらっしゃいます。

ダイエット目的や美容目的で青汁を飲むなら、カロリーはとても気になってくる部分ですよね。

いくら栄養価が高くて健康に良くても、カロリーが高ければ他の健康飲料を飲んだ方がいいと思ってしまいます。

では青汁はどの位のカロリーがあるのでしょうか?

青汁のカロリーを比較

まずは、当サイトでオススメしているダイエット効果に期待が持てる青汁のカロリーを比較していきます!

1杯当たりの青汁のカロリーを出してみましたので、参考にしてみてください。

名称 カロリー
めっちゃたっぷりフルーツ青汁 1包(3g)11.7kcal
きょうの青汁 1包(3g)10kcal
めっちゃぜいたくフルーツ青汁

1包(3g)11.7kcal

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ 1本(15g)17.3kcal
神仙桑抹茶ゴールド

1包(3g)10.5kcal

この結果を見ていただければわかると思いますが、青汁は栄養価が高いのに低カロリーのダイエットに最適の飲み物だとわかります。

青汁は、無理な食事制限やキツイ運動をする必要がありません。

毎日しっかりと飲み続けることでしっかりとダイエット効果を得られるのです。

ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素などが豊富に入っていますので、ダイエット効果だけでなく便秘解消やデトックス効果なども得られて美肌効果もあるのです。

ご紹介しているダイエットにオススメの青汁ですが、様々なアレンジが可能で味をその都度変えることができますので、飽きることなく飲むことができます。

そこで様々なアレンジ方法のカロリーについて調べていきます。

青汁アレンジのカロリー

青汁は水に混ぜて飲むだけでなく、様々な飲み物でアレンジがききます。

今回は、めっちゃたっぷりフルーツ青汁の11.7kcalを元にアレンジしたらどの位のカロリーがあるのかをご紹介します。

青汁は大体の青汁が100mlの飲み物に青汁粉末を混ぜて飲みますので、飲み物の量を100mlで計算してカロリーを出しますので、是非参考にしてみてください!

名称 カロリー
青汁+牛乳  100ml当たり  78.6kcal
青汁+豆乳 100ml当たり  57.6kcal
青汁+飲むヨーグルト  100ml当たり  76.7kcal
青汁+ヨーグルト

100g当たり  73.6kcal

青汁+フルーツジュース(オレンジ) 100ml当たり  53.8kcal
青汁+プロテイン(ザバス) 100ml当たり  93.7kcal

このように他の飲み物と青汁粉末を混ぜたとしても、カロリーが低いことがわかります。

もし水と混ぜた場合は、水はカロリーがありませんので、11.7kcalだけなのに栄養価が高く健康になれるのはとても魅力的です。

青汁ダイエットで飽きがこない飲み方は?アレンジ方法など

ですが、他の健康飲料のカロリーはどの位なのでしょうか?

他の健康飲料も実はカロリーが低いんじゃないの?っと思ってしまいますよね。

そこで様々な健康飲料のカロリーを調べていきますので、比較していきましょう!

他の健康飲料とカロリーを比較

様々な健康飲料がありますので比較していきたいのですが、商品ごとにカロリーは違ってきます。

そこで平均的なカロリーを出しましたので、青汁と比較してみて参考にしてみてください。

名称 カロリー
酵素ドリンク  100ml当たり  100~200kcal
グリーンスムージー 100ml当たり  150~200kcal
野菜ジュース  100ml当たり  29.2kcal
トマトジュース

100g当たり  17kcal

酵素ドリンク

酵素ドリンクは青汁に比べてカロリーがとても高いのがわかります。

味に関しては色んな味が出ていて美味しく頂けて、栄養素に関しては青汁と変わらないくらい健康に良い成分が入っています。

ですがカロリーが高く、ダイエット目的で飲むのなら青汁の方がオススメといえるでしょう。

青汁同様に、酵素ドリンクも毎日飲み続けるものですの、気になるのが価格です。

青汁は1杯あたり100円前後なのに対して、酵素ドリンクは150~300円と意外と高いです。

このような点からしても、青汁の方がいいですね。

グリーンスムージー

グリーンスムージーも青汁に比べるとカロリーが高いのがわかります。

グリーンスムージーには、沢山のフルーツが入っていますので、どうしてもカロリーが高くなってしまうようです。

しかもそのフルーツには糖質が沢山入っていますが、青汁は全く糖質がはいっていません。

価格についても150~200円はかかってきますし、なにより作る手間がかかります。

味に関してはグリーンスムージーはとても美味しいのですが、ダイエット効果を得たいのなら青汁がオススメです。

野菜ジュース

野菜ジュースは比較的にカロリーが低いのですが、100mlあたりの栄養価を見たときに、入っている栄養素の数からしても青汁の方が効果的に効くでしょう。

現在では、とても美味しい野菜ジュースが沢山ありますが、その分糖質を使用している野菜ジュースもありますので注意してください。

野菜ジュースで特に気になるのが「塩分」で、塩分を摂りすぎることでむくみの原因になってしまいます。

美味しさでは野菜ジュースのほうがいいと思う方もいらっしゃいますが、アレンジ次第では青汁も負けていません。

青汁は、野菜ジュースにはないダイエット成分などが沢山はいっていますので、青汁の方がダイエット効果に対してはオススメです。

トマトジュース

トマトジュースもカロリーが低いのですが、気になるのが野菜ジュース同様にむくみの原因になる「塩分」が沢山入っています。

トマトジュースには、青汁に比べると栄養素が少なく、単調な味ですので飽きがきてしまう可能性があるでしょう。

トマトジュースは加熱処理されていますので、ビタミンが含まれていないことが栄養素が少ない原因になっています。

青汁は、沢山の栄養素でダイエット効果だけでなく美肌効果なども期待できます。

まとめ

色々と比較していきましたが、青汁がダイエット効果のある飲み物というのがわかります。

決して、他の健康飲料が悪いわけではなく、青汁にない良い部分も沢山あります。

ですがダイエット効果や美肌効果など、総合的に見たときに青汁がとてもオススメの飲み物ということです。

もし青汁を飲もうか迷われている方は、是非一度試してみてください♪